« 2007年8月 | トップページ | 2008年12月 »

ショパン

職場にて。経営統合で話題になっている明治製菓の方から、「うち新商品です」と言って手土産を頂いた。ショパンというお菓子で2種類あって、私にはそのうちのレモンクリームパイという方がまわってきた。よく見るとCho-panと書いてある。「音までおいしいレモンクリームパイ」と書いてあるからには、音楽家のショパンに関連付けて名づけてあるんだろうけど、確か作曲家のショパンはChopinだったはず。でも同僚に「ショパンにしてはつづりが違うよね?」と言ってみたものの、誰からも反応なし・・・天下の明治製菓がつづりを間違うはずもなく、chopanの間に「-(ハイフン?)」が入ってるからチョコとパンをかけてるのか?とも思った。ま、パイもパンのうちといえばそう思えなくもない。
そこで検索

Cho-Pan

明治製菓さんのCho-panサイトには、二種類の説明しか載ってない。
もう1種類は「空気まで甘いショコラムース

カカオ香るビターショコラのカップに、ホイップをきかせたふんわりショコラムース満たし、カカオ風味のココアパイでふたをしました。

へぇ、こっちの方が美味しそう・・・
私のもらったほうは
爽やかな味わいのピール入りレモンショコラのカップに、2枚のパイで挟んだクリーミーなチーズショコラを詰めました。

と書いてある。
よくわからないので他にも検索してみると、一般人のお菓子の感想の書かれたサイトにショパンの感想が書かれていた。でもこれって最近のじゃないし、味が違うんだよね。
ショパン 第5番/二度焼きパイのプラリネショコラ
新商品って言われてたのは、この味が新商品って事なのか?
YouTubeにテレビCMが出ていた。あれ?これ見た事ある。夏木マリさんの出てるのとか、SMAPの稲垣君とかが出てるCM。これがそれか~sign03

実際に食べてみたら、想像してたより小さい。箱1個に1個かと思ったら、4個入ってる。パッケージの写真は実物くらいの大きさのようです。検索結果には「サンチョパンサSan・cho Pan・za」も出てくるんだよね。ドンキホーテの。つづりはこっちが正解なんだけど。あ、もちろん作曲家のショパンは「Chopin」です。Chopanで検索しても出てきませんよbleah

検索ワードにつけたして
Cho-pan 名前由来
としてみたら出てきた。

色んなブログに

音楽家ショパンの複雑で繊細なメロディーをイメージした
とか
ショコラ(chocolat)のお皿(pan)
とか。
なるほど~パンはパンでも入れ物の方のパンなのね。そういえばチョコのカップにパイがはいってたわhappy01これでじっくり寝れるわ。
なーんて、現実逃避してやらなきゃいかん作業ほおっておいて、こんな検索してる場合じゃないわねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

線路は続くよどこまでも

 1年以上記事を更新してませんでした。すみませんですthink。ブログの機能もいつの間にか色々増えてるんですね(絵文字が入れられるようになっててびっくりしたcoldsweats01)
 こんなところに記事を書いてる場合ではないのですが・・・明日演奏会でゆっくり休みたいのに・・・現実逃避です。

 明日の演奏会は、私の所属するブラスバンドの定期演奏会。今回は30回という記念の演奏会なので、NHKの「響け!みんなの吹奏楽」という番組に応募したら、当選(?)してしまい、取材が入る事になりました。ゲストはジャズ(?)トロンボーン奏者の角田健一さん。ジャズを演奏される人には編曲などでおなじみのかたのようです。友人も「つのけんさん」といっていました(すみません知らなくてcoldsweats01)。
 番組では、プロの持ってこられる曲を課題曲として演奏します。今回は、わたしたちのバンドがこれからも長くつづいていくように「線路は続くよどこまでも」を角田さんがアレンジしてきてくださいました。とても光栄なのですが・・・ジャズの奏法って難しいっっ。吹奏楽の中でクラリネットでビブラートはかけないので練習をした事はなく、付け焼刃なビブラートでごまかし。裏拍を感じて演奏した事もないので、いつの間にか頭拍で体が反応してしまうことが常。「シラブルとは何ぞ」と思いつつ、シュビドゥバシュビドゥバと曲を歌えるように練習をするも、口がついていかない。クラリネットのあまりのできの悪さに最初持ってきてくださった編曲から、かなり簡単にアレンジしなおしていただいたので、折角の暗譜も台無し・・・今日の必死の練習でなんとか覚えたものの・・・自分たちは精一杯体を動かしているつもりが、ちっとも動いていないようで・・・楽しく演奏しているように見せる練習をしながら、曲も練習し、初めてずくしの奏法に、本番前日というのに悩んでました。動きのせいで、腰痛が悪化してますshockでも顔を真っ青にしながら(体調悪かったみたい)、のりのりでバスドラをたたく人もいらっしゃるわけだから、腰痛ごときでくじけられないわっ。明日は湿布臭さをまきちらしながら頑張ろうっっっ。

 さて、前置きが長くなりましたが、この「線路は続くよどこまでも」は労働歌なんだから、それらしく歌ってと言われ、なじみの歌詞を何度も歌わせていただいたのですが、どうもぴんとこない。
そこで検索
線路は続くよどこまでも
一発です。
ウィキペディアに原詩と和訳が載ってました。
もう眠たくなってきたので、内容は省略しますが、こっちの方が労働歌としては納得できます。お馴染みの歌詞は、みんなの歌ように子どもむけのものになってるのでしょう。メロディにのせて歌うなら「線路の仕事」という津川主一さんの歌詞がぴったりなようです。

 さて、明日の本番はノリノリ(死語?)に見えるように頑張ってきます・・・ちなみに番組は10/25(土)の18時からNHK BS2にて放送されるそうです。そちらもお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2008年12月 »