« きんぎょくかん | トップページ | ゴーヤーの酢の物 »

お経の名前

朝からお墓参りに行ってきた。祖母にお経の本を借りたくてお経の名前が出てこず「いっしんちょうらい貸して」と言ってしまった。母に話すと大笑い。歌だって題名忘れてサビのところを言うときあるでしょ?そんな感じ?
帰宅して日記に書くのに、その「いっしんちょうらい」の字が思い出せない。それどころかさっき見たばかりなのにお経の名前も思い出せない。仕方なく検索。

いっしんちょうらい

世の中には親切な方がたくさんいらっしゃる。お経の句にふりがなをつけてアップしてくださっているところがいくつかあった。それどころか意味まで載っている。
お経の名前は舎利礼文(しゃりらいもん)。そうそう、唱える前に必ず言うぢゃないか。うちではお墓参りの時には唱えている。これを三回繰り返す。本来はお釈迦様の遺骨を拝むときの句みたいだけれど、うちの地区ではお墓参りの時は必ず唱えてるし、曹洞宗のお経集?みたいなものにも必ず載っている。どうやら曹洞宗の開祖の道元禅師が亡くなった時に読まれたからみたい。ちなみに、いっしんちょうらい一心頂礼と書く。

検索結果でてきたページを色々拝見していても、禅宗とか真言宗とかの一部の宗派でしか読まれないようだ。多分色々な解釈の仕方もあるだろうから、この訳が正しいっていうのは無いだろうけれど、真言宗のお寺、法恩院さんのページやさしいお経入門ばっくなんばぁあ~9の真ん中あたりに色々と解説があってわかりやすいと思った。
臨済宗久昌寺さんの法話ページの為我現身(いーがーげんしん。これも舎利礼文の中の一部)のお話も興味深かった。

私の通っていた高校は仏教高で(曹洞宗ではない)、いつも行事では嘆仏偈(たんぶつげ。これも思い出せなくて検索した)という和賛を読んでいたけれど、それには四句の下に意味が書いてあって意味を考えながら唱えることができた。一般人向けのお経の本にも簡単な訳がついていたらうれしいんだけれどなぁ。

|

« きんぎょくかん | トップページ | ゴーヤーの酢の物 »

コメント

うちは、浄土真宗なんすよ。
実家も、嫁ぎ先も偶然同じ宗派だったんで、
お経やしきたりを覚え直すことがなくてラッキーでした。
子どもの頃から唱えているお経は、ほとんど暗唱できるけど、意味は・・・
お盆だしね。
勉強しなおすのもいいかもしんない。

投稿: ちゃーこ | 2007.08.15 09:27

ほとんど暗唱されてるんですか?すごいっ。お経読むときって漢字と漢詩の知識があったらもっと面白いのにっていつも思います。
浄土真宗ってたしか般若心経はダメなんですよね。私が違いに一番びっくりしたのは、高校の入学式。金色ピカピカの仏壇だったので。これも浄土真宗の特徴ですよね?
高校時代にいろんな違いを見聞きしていたのでびっくりする事も少なくなりましたが、お嫁に行った先が全然違う風習だったら戸惑っちゃいますよね?

投稿: よーさん | 2007.08.15 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53228/16119798

この記事へのトラックバック一覧です: お経の名前:

« きんぎょくかん | トップページ | ゴーヤーの酢の物 »