« 金沢と言えば寿司? | トップページ | ポットの部品 »

いこもち

鹿児島のお菓子で食べ方に疑問をもったものがひとつ。

いこもち

そのままで食べるものだと思っていたのだが、なんとなく生っぽい。昔、明石屋さんのかるかん取り寄せたときに一緒に買ってたべたような気がするのだが、当然そのまま食べた。

まずは、買った「国分とらや」さんのホームページを確認。これではいまいちわからない。

一応検索。
いこもち

いこもち」を手作りした日記みたいなものとか、いこもちの材料を売る会社とかのページが出てくる。

手作り用の粉は、砂糖湯で粉をといてこねるという簡単なもの。
かるかんの粉を見つけたときも感動したが、今回の検索では他にも色々でてきた。鹿児島名物のお菓子って色々専用の粉が売ってるみたい。

他のページを見てみると、指宿あたりにもかるかんのお店が・・・
いこもちの説明は「煎粉餅」で煎った米の粉を砂糖と湯で練ったものということ。「杵でついた餅のような食感」と書いてあるから、やっぱりそのままで食べて正解なようだ。

いや、そんなことより、このお店、「ロールかるかん」って商品がある。すごいおいしそう。
郷土菓子詰め合わせが送料込みで2800円らしいけど、これにロールかるかんもつけてもらえないかなぁ。

あぁいかん。食欲が暴走中

|

« 金沢と言えば寿司? | トップページ | ポットの部品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53228/3121286

この記事へのトラックバック一覧です: いこもち:

« 金沢と言えば寿司? | トップページ | ポットの部品 »